江戸幕府 鉄砲組百人隊

江戸時代に現存した徳川鉄砲隊や鉄砲保存会及び鉄砲地域の紹介

タグ:零戦



「零戦里帰りプロジェクト」を進めるゼロエンタープライズ・ジャパンは27日、零式艦­上戦闘機(零戦)のテスト飛行を海上自衛隊鹿屋航空基地で行った。操縦桿(かん)を握­ったのは、米国で零戦操縦のライセンスを持つスキップ・ホルム氏(72)。機体は、爆­音を響かせ天高く舞い上がり、再び日本の大空でその雄姿を見せた。

映像素材の購入はこちらから https://www2.jiji.com/f/enq/form.php?...


 
人気ブログランキングへ

零戦が再び日本の空を飛ぶそうです!!
見たいね!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

16853858-s

零戦 再び日本の空へ 組み立て完了、飛行許可待ち(産経)
2015.8.13 05:00


太平洋戦争が終わるまでに約1万機が生産された旧日本軍の零式艦上戦闘機(零戦)を日本の空で再び飛ばそうとする試みが進んでいる。今も飛行可能なのは世界で5、6機とされ、うち1機を入手した日本人が昨年、米国から帰国させた。既にエンジン始動テストに成功し、国土交通省からの飛行許可を待つばかりになっている。

所有者は、ニュージーランドでパイロット用ジャケットの製造会社を経営する石塚政秀さん(54)。「戦後70年の年に日本で飛ばすことで、戦争を考えるきっかけにしたい」と話している。

機体は1943年ごろに生産された三菱重工業製22型。70年代にパプアニューギニア・ラバウル近郊の飛行場で見つかった。その後、エンジンを交換するなどして飛行できるまでに修復された。
  
 
【関連360°パノラマ】
■飛行可能な零戦の操縦席 を見る(2014年11月21日、さいたま市で撮影)
 

ーーーーーーーーーーーーーー

 2015年7月13日(月)
「零戦里帰りプロジェクト」零式艦上戦闘機のエンジンを鹿屋航空基地内で始動! 国内飛行実現をめざし協賛を募る

「零戦里帰りプロジェクト」を推進する株式会社ゼロエンタープライズ・ジャパン(以下、ゼロエンター)は、戦後70年を振り返る機会の提供を目的に2014年11月5日に入国させ、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)内で分割管理していた「零式艦上戦闘機」の組立を同基地内で完了。2015年7月7日にエンジン始動テストを実施したことを本日発表しました。

ーーーーーーーーーーーーーー 



 
 

人気ブログランキングへ

このページのトップヘ