江戸幕府 鉄砲組百人隊

江戸時代に現存した徳川鉄砲隊や鉄砲保存会及び鉄砲地域の紹介

タグ:マスク

1918年から1920年までの約2年間、新型ウイルスによるパンデミックが起こり、当時の世界人口の3割に当たる5億人が感染し、そのうち2000万人〜4500万人が死亡したのがスペイン風邪です。
日本でスペイン風邪が確認されたのは、1918年当時、日本が統治中であった台湾に巡業した力士団のうち3人の力士が肺炎等によって死亡した事が契機になりました。

日本の報道でのスペイン風邪の俗称は「流行性感冒」で、日本に於けるスペイン風邪流行は「前流行」と「後流行」の二波に別れ、「前流行」は1918年の感染拡大し、「後流行」は1919年の感染拡大しました。
その後、武漢肺炎の有効な治療薬やワクチンが生み出されるまでは、ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)などの感染拡大抑制策については、1918年スペイン風邪当時と変わりません。

当時は、スペイン風邪の原因がウイルスであることすら掴めず、未知なる伝染病への対処は、現代の武漢肺炎における一般的な対処・予防法と驚くほど酷似しています。
基本的には「マスク着用」「患者の隔離」など現在の武漢肺炎に対する対処法と同様の認識を当時の政府が持っていました。

そして、内務省は警察を通じて、全国でこの手の「衛生講話会」を劇場、寄席、理髪店、銭湯などで上演し、大衆に予防の徹底を呼び掛けています。
またマスク励行のポスターを刷り、全国に配布し、マスクの無料配布も一部行われました。
現在の武漢肺炎とよく似ていて、マスクの生産が需要に追い付かなかったそうです。
マスクの値段も馬鹿値上という記事もあります。

es002809011015874111201
es002809033015874311203-1
es002809022015874211202

後流行に注意しなとね。
気を緩めないようにしましょう。
でも、経済も動かさないとまずいですな・・・。


人気ブログランキング

シャープ製のマスクの抽選販売に470万人が登録して、117倍の倍率になったそうです。
多分、登録できなかった人もいると思います。
管理人も登録した・・・できた・・・できたと思う・・・・。
「あなたのメールアドレスはすでに登録されています」というメッセージが表示されました。
調べたらこれは、登録できたことらしいです。
でも、見事に落選しました。
まさか、マスクを買うのがこんなに大変な日が来るとは思いませんでした。
緊急事態ですね!!
ここで、注意してほしいのは、このマスク騒動に便乗して、詐欺をしようとしている悪が必ず出ますので詐欺メールに要注意です!!

mig


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「シャープマスクに当選しました」便乗詐欺のメールに要注意、見分け方は?

話題のシャープ製マスク。抽選販売に470万人がエントリーし、117倍の倍率だという。アクセス殺到で申し込めなかったとか、応募が完了しているのか分からないという人も多いだろう。懸念されるのは便乗詐欺だ。

詐欺師にとっては好機

この種の詐欺の手口としてよくあるパターンは、「シャープのマスクに当選しました」などといったタイトルを付け、あたかもシャープが送信した当選メールであるかのように装うフィッシング詐欺だ。

 「マスク販売の敗者復活抽選について」などといったタイトルにより、抽選の結果、残念ながら落選したものの、特別に先着1000名の優先エントリーを受け付けるといった手口もあり得る。

 新型コロナ騒動の影響で需給バランスが崩れ、マスクが手に入りにくい状況にあることから、普段は慎重な人でも、安易にだまされやすいという素地がある。

 エントリーできた人だけでも470万人。受付日の4月27日に何度となくアクセスしたもののサイトに入れなかったとか、運良く受付ページまでいけたものの申込みがエラーで跳ね返された人をも加えると、潜在的な購入希望者はもっと多かったはずだ。

 シャープによる抽選販売は、第2回、第3回と続くとみられる。

 フィッシング詐欺師の集団が無差別にシャープになりすました当選メールや敗者復活メールを送りつけると、「心当たりあり」という人にヒットし、思わず開いてしまい、記載されているリンクをクリックしてしまう可能性が高いというわけだ。

 中には、エントリーした覚えがないのに、安易にメールを開くという人もいるだろう。

当選メールなどはすぐに開かない

 その先にあるのは、シャープのサイトを巧妙に真似たニセのサイトであり、クレジットカード番号や氏名、メールアドレス、電話番号などの入力を求められる。

 個人情報を吸い取られて悪用されたら手遅れなので、シャープを名乗る当選メールなどが来ても、本当にシャープからのものなのか、よく確認すべきだ。

 こうした点に関し、シャープの広報からも、次のような注意喚起が行われている。

(1) 当選者だけにしかメールを送らないから、落選メールは存在しない。
(2) 当選メールは4月29日までに当選者に送る。29日までに連絡がなければ落選。
(3) 発信元はシャープで、メールアドレスは次のもの。cocorostore-info@sharp.co.jp
(4) 当選メールは、まず氏名や電話番号など応募時の入力内容を照合する本人確認ページを案内するものであり、いきなり販売ページに飛ぶことはない。
(5) 当選者は期間中にいつでも購入でき、売り切れもない。
(6) 第1回抽選販売への応募者は自動的に第2回以降の抽選販売の対象になるので、改めて応募する必要はない。
(7) 販売を再開する場合には改めて公式サイトで案内する。


念には念を入れて、IPアドレスやドメイン名の登録者情報などを検索できる「WHOIS検索」を利用し、送られてきたメールのアドレスなどをチェックし、本当にシャープのものか確認したうえで開くといった予防策も必要だろう。

 また、当選者も、たとえ本物の当選メールが来たとしても、そのスクリーンショットをSNSなどにアップして拡散すべきでない。詐欺師にとって、本物らしさを装ったニセの当選メールを送りつける際の参考になるからだ。

 政府による10万円の給付制度については、すでに市役所などを語って個人情報を引き出そうとする便乗詐欺のメールや電話が横行しているところだ。

 シャープ製に限らず、マスクについても、「ご注文いただいたマスクの発送について」「自治体が無料配布するマスクの件について」などといったパターンのフィッシングメール詐欺が予想される。

 絶対に引っかからないように、家族とも情報を共有し、よく注意喚起しておくべきだろう。(了)

前田恒彦 
元特捜部主任検事
1996年の検事任官後、約15年間の現職中、大阪・東京地検特捜部に合計約9年間在籍。ハンナン事件や福島県知事事件、朝鮮総聯ビル詐欺事件、防衛汚職事件、陸山会事件などで主要な被疑者の取調べを担当したほか、西村眞悟弁護士法違反事件、NOVA積立金横領事件、小室哲哉詐欺事件、厚労省虚偽証明書事件などで主任検事を務める。刑事司法に関する解説や主張を独自の視点で発信中。きき酒師、日本酒品質鑑定士でもある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


人気ブログランキング

このページのトップヘ