江戸幕府 鉄砲組百人隊

江戸時代に現存した徳川鉄砲隊や鉄砲保存会及び鉄砲地域の紹介

カテゴリ: 鉄砲隊の由来と足跡

 徳川家康が秀吉の命により「江戸」に入府したのは、天正18年8月1日(1590年)のことであった。この家康とともに先陣を務めたのが伊賀の地侍、服部半蔵正成を頭領とする鉄炮同心百人および玉薬同心(弾薬製造)であった。

 当時の江戸は以前、小田原北条の統治下にあったため、家康はその残党が特に江戸の西郊より攻めてくることを恐れ、三河時代からの腹心であった内藤修理亮清成に鉄炮百人組を預け、現在の新宿1〜2丁目周辺に駐屯させ、その防備と警戒にあたらせたのが鉄砲百人組の始まりとなった。その10年後(1600年)家康は、「関ヶ原の戦」に勝利し天下を制することのなったが、以前から「鉄炮」の威力に注目していた家康は、幕府創設にあたり鉄砲百人組を徳川幕閣の中にとり入れ、駐屯から定住化させるため、組屋敷を後の内藤宿(四谷大木戸から1,2丁目)と大久保百人町に設けた。

 鉄砲百人組として、日常の任務は江戸城大手三之門の警備を4組の百人組(大久保組・青山組・根来組・甲賀組)が交替で詰め、その詰めた番所が「百人番所」として皇居東御苑に現在も残されている。

また、徳川家の菩提寺である上野寛永寺、芝増上寺、日光東照宮への参詣、京都御所参上の折には隊列を整え将軍の警護をし、遠路をともにした。百人組創設当初は老中直轄支配であったが寛永の改革後、旗本へ統合され若年寄が指揮することなり寛永12年久世三四郎広當が組頭となり、現在の都立大久保病院周辺に1万3000坪の広大な抱屋敷があった。

「百人町」の組屋敷の構造は、道路幅が三間幅(一間は1.8m)と狭く、間口を狭くし奥行きを三十間から五十間とウナギの寝床のように長細くすることで、戦略上一度に多数の敵が侵入できぬように設計した。同心屋敷の総面積は、15万2000坪と広大なものだった。

また、北側に隣接(百人町3、4丁目)して火縄銃、大筒の練習場に使用する「角場」(実弾射撃場)を約8000坪設けていた。江戸幕府崩壊後の明治6年、これらの敷地は旧日本陸軍発足とともに「戸山ヶ原練兵場」へと移行された。                     

鳥居寛永年間、徳川幕府が「鉄砲組百人隊」をこの地に駐屯させより旗本や上下の士に篤く信仰され、また町名も百人町と名づけられました。(百人町の由来)

 

当時、鉄砲組与力が射撃の研究に精魂を傾けておりましたが、なかなか思うに任せず、一夜煩悶のまま眠りに落ち入りましたところ、稲荷之大神が夢枕に立たれ霊符を示されました。

 

翌朝不可解なまま社頭にお参りを済ませ、大矢場にて射撃を試みたところ百発百中、見事な進境に驚いたとのことであります。

ちょうちん

 

これを目のあたりに見た旗本の士が競って霊符を受け射撃をしたところ、ことごとく的中したと伝われます。

この話しが、近郷近在に伝わり、唯射撃のみでなく様々な願い事をする参詣者が日増しにおおくなり、不思議な神託霊夢などにより幾多の霊験あらたかなものがあり、世人はこの神社を「皆中(みなあたる)の神社」と称えるようになました。

 

銀座

それ以後「皆中稲荷神社」という名で呼ばれるようになりました。

現在神社には鉄砲組百人隊が奉納した、鳥居・手水舎・灯籠等があり、往時の面影を留めております。

 

写真は、平成15年10月銀座で行なわれた、江戸開府400年 江戸東京牴抬瓮僖譟璽表仗悗里箸のものです。

 

 

 

 

皆中稲荷神社

東京都新宿区百人町1-11-16

       03−3364−3224

鉄砲組百人隊は始め老中支配であったが寛永の改革の後直参の旗本に統合され幕政を預かる若年寄が直接指揮をとり、その後鉄砲奉行の支配となりました。

鉄砲隊マーク

百人隊編成

組頭     一名     三千石

馬上与力  二十騎   八十石

鉄砲同心  百人     三十俵二人扶持

 

扶持は一日玄米五合ずつで現在の年棒60〜70万円に相当しましうが、これでは生活が大変で、同心は内職をせざるを得なかった。これが大久保のつつじ栽培です。

鉄砲隊は、伊賀組・根来組・青山組・大久保組が江戸鉄砲組として編成されました。当地と所縁の深い鉄砲組の組頭は、久世三四郎広正が寛永十二年より万治三年まで勤めておりました。

この間鉄砲組は組屋敷を与えられ、間口が狭く奥行きの長い武家屋敷に定住することになりました。

鉄砲

 

 

 

 

 

 

 

大久保地区鉄砲隊

  • 同心百人屋敷    
  • 15万2千5百74坪
  • 支配与力4人屋敷  
  • 7千4百92坪
  • 支配与力4人棟場  
  • 4千2百70坪
  • 久世三四郎抱屋敷  
  • 1万3千坪
  • 大筒角場         
  • 8千164坪
  • 長光寺         
  • 1千500坪
  • 組鉄砲角場       
  • 6千560坪

 

 

この武家屋敷は、東西の入口に棚門を設け、木戸番を置き江戸を守る拠点としてそのまま一つの砦に造られました。

木戸札によれば

  • 木戸通行の義者明六つ時より暮六つ時迄ただし歩行のものは五つ迄
  • 馬駕籠打堅く無用
  • 喧嘩口論物騒往来いたすべからず
  • くはえきせる火縄等堅く無用歓進物もらい一切はいるべからず
  • 葬礼断りなく通行いたすべからず

                    以上の如く厳重な取締りをしておりました。

火縄銃

 

 

 

 

鉄砲百人組の通常の勤務は江戸城内の三之門の警備を四組の百人組が交代でしていました。したがって月に4回程度(一昼夜勤務)の勤務でありました。このとき詰めたのが百人番所として皇居東御苑に今も残されています。

この他、将軍の寛永寺、増上寺への参詣の警備などがある。

文久二年(1862年)十二月、250年余り続いた百人組は廃止され、新たに講武所奉行の属することになりました。所属は変わっても屋敷はもとのままでした。

 

 

このページのトップヘ