江戸幕府 鉄砲組百人隊の行列で、かつがれている火縄銃ですが、火縄銃も細かな部分がそれぞれ違ったものがあります。

戦国時代、天文12年(1543年)頃に、種子島に伝えられた火縄銃は、日本各地で作られ始めました。中でも、近江国国友村(現在は、滋賀県長浜市)、和泉国堺(現在は、大阪府堺市)は江戸時代をつうじて火縄銃が作られたところとして有名です。

それでは、火縄銃にはどのような種類があったのでしょうか。

火縄銃部分名称図

 

 

 

 

国友系

江戸時代に最大の鉄砲製造地として知られる国友村で、その系列の職人たちが製作した鉄砲をいいます。

銃口の先が八角になっており、銃口の部分を太くした柑子(こうじ)がないものが多かったようです。堺系と比べるとかざりが少ないのが特徴です。近江国日野(現在は、滋賀県蒲生郡日野町)で作られたものには、銃の台にぼたんの花や波に千鳥の飾りをはじめ、こった飾りがついていました。

堺系

堺の鉄砲は銃の台にきれいな飾りがついていたり、銃身に金や銀等をはめこんだ、象嵌(ぞうがん)があるものが多く見られます。これは、堺系の鉄砲が店頭で売られており、外観に気をくばっていたからだと言われています。

銃身は角筒(かくづつ)がほとんどで、照準をあわせる元目当(もとめあて)が富士山の形をしていました。また、柑子(こうじ)があり、銃の台をしめる胴金(どうがね)は幅が広く、他の金具と同じように彫刻が彫られていました。

滋賀県に、国友鉄砲の里資料館があります。

   国友鉄砲の里資料館HPへ