火縄銃の構造火縄銃の構造です。(古式砲術流儀保存会研究会 八田 一 作図)

←(クリックすると大きくなります)

天文12年(1543)8月25日、一隻の明国船が台風の影響により、「種子島」南端の門倉岬に漂着した。この船は、五島列島福江島を拠点に東シナ海沿岸を舞台に蜜貿易をしていた、中国出身の倭寇の大頭目「王直」(五峯ともいう)のもつ船であった。この船には3人のポルトガル商人が乗っており、彼らが手にする長い筒が「鉄砲」(火縄銃)であった。

この鉄砲に大きな関心を抱いたのが島の領主、当時16才の第14代「種子島時堯(ときたか)」。秋、正に群雄割拠の戦国時代真っ只中にあり、時堯はさっそく刀鍛冶八板金兵衛清定に命じ製作に着手。幾多の困難と研究の末、翌年には国産第1号が完成し、数十挺の模作に成功した。この技術は、泉州堺の商人・橘屋又三郎、紀州根来寺の杉の坊明算へと伝わり、全国に伝播することになった。

いち早く鉄砲の戦略的価値に注目していた織田信長は、天正3年5月「長篠の合戦」に数千挺の鉄砲隊を編成、当時最強を誇る武田騎馬軍団を撃破し圧倒的勝利を得た。この結果、戦国武将の戦術も一変し、鉄砲所持の歩兵集団が主力となるなど兵農分離が進み、一気に戦国に終わりを告げ天下統一へと加速するこになった。

当時、頻繁に日本を訪れた西洋の宣教師が、本国に残した書簡にジパング(日本)には、約30万挺の「鉄砲」が普及しており、容易には戦略が不可能であることが記され、また国内における築城方法も山城から平城へと移り変わり、16才の若者の好奇心が外国勢力を潜在的に抑止するなど、一本の筒「鉄炮」がもたらした様々な社会的現象は、戦国期の歴史の大きな転換点ともなった。