江戸幕府 鉄砲組百人隊

江戸時代に現存した徳川鉄砲隊や鉄砲保存会及び鉄砲地域の紹介

火縄つけ練習も5日目となりました。

当然最初は復習、復習、復習から始まります。

もう、何回も同じことを繰り返したと思います。でも、まだまだ続きます。

これは、何回も言いましたけど危険なものを扱っているです。それにより、事故の確率をどんどん減らすとともに、同心の皆さんの安全をはかる意味あいもあります。

しかしいまだに1回も練習に来ない人もいます。それは、やはり経験者が多いのです。たぶん、「俺は何回も出ているし」と自分を過信していると思います。その過信が非常に危険なのです。

初心者と経験者の違いは、ただタマゴメの順番や試射の型を知っているというだけです。できているわけではないのです。

危険なものを扱うということに関しては、何回やろうが関係ありません。

稽古をつむことによって、危険を回避するカンのようなものが、身についてくるしと思います。

それとともに、綺麗な試射の型をつくり、本番に出る資格みたいなものができます。

なので、練習を軽く考えてこない人は、退場してもらうことになります。

各地区の責任者の方、練習に参加するように言って下さい。

宜しくお願いします。

ということで・・・長々と説教じみた話しになってしまいましたね

立ち放ち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日からいよいよ試射の型の部に入りました。まずは「立ち放ち」の型です。その名のとおり単純な型です。でもなかなか見せる形になるには、何回も練習して修正をくわえなければなりません。

写真は、経験者の人たちです。やはり最初は、乱れている部分もありましたが、練習をやることにより段々と形が戻ってきました。

 

立ち放ち2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの写真は、今回初めて参加する同心の皆さんです。まだ、ぎこちない部分もありますが、いい感じではないでしょか。

またこれを含め、これから何十回もやることになります。これで、進み具合は5分の2ぐらいですね。

同心の皆さん、これからまだ、まだ、まだ、まだ、まだ(まだが長いか?)ひたすら稽古ですが、これをやりぬいて本番当日は、「俺が同心の中で一番だ」と思ってやってください。

そすれば、「達成感」という心地よい風吹きますよ。

実に気持いいですよ

本日は、長くなりました・・・・それでは、御免

追伸:本番後のビールも最高ですよ。すいません・・・たぶん他の記事にも

    ビール、ビールとうるさいですが、ただ私が好きなものですから。

    ほんとにおしまし!さいなら

 

鉄砲掃除6日の練習日でしたが、さすがに台風直撃ということなので雨はやみませんでした。

前日に、「明日は台風が来るので休みにしようか」という意見がありましたが、スケジュール表を渡しているので、「とりあえず来る人もいるかもしれないので、いなければいけないんじゃないの!」なんてことで待機すると、なんと!なんと!(写真クリックしてね)やる気満々の同心がこんなに集まってくれました。

そこで、今回は部屋の中で「タマゴメ」、「火縄つけ」なんてやるのも暑苦しいので、自分の火縄銃に愛着を持ってもらおうと簡単な掃除の時間にしました。

鉄砲掃除

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この青いメガホンの人は、同心ではありません。掃除してないでしょ!

誰かというとスゲさんです。

本番当日どこかに居ますよ。

この写真何かって? これはスゲさんの希望で斜め向いのピンクの短パン同心の指導をしている風の写真です。

何で撮ったかって? スゲさんの希望です・・・ただ、それだけです。 

ピンク短パン同心といいコンビなんですよ。

指揮与力練習

ふざけてるばかりじゃないですよ。

この写真は、指揮与力の指揮の練習です。指揮の号令により同心の動作が始まりますので、タイミングをどのようにするかの相談です。これも同心とのかねあいで重要な部分です。

あれぇ〜!どこかで見た人が右にいますね・・・・・誰でしょうか?もうお分かりですね。

あの人ですよ!

前の写真に戻ってください。

この人・・・・何の役なんでしょうね?

ウォーリーを探せじゃないですけど、当日探してみてください。

本日は、なんだかんだと時が過ぎ終了しました。でも、このようなコミニケーションも大事だと思います。

同心諸君!真剣に楽しく稽古しましょう

火縄つけ今日も練習の時間がやってまいりました。台風の影響で雨でできるかなぁと思っていましたが、不思議に練習の間だけは降りませんでした。

同心の皆さんの熱心さに天も味方したのでしょうか。

 

鉄砲同心の練習も4日目となりました。まず、今までの復習をし「火縄銃試射動作手順」の8番の「火縄つけ」の手順に入りました。

この部分もタマゴメと同様に需要です。それは、火縄銃はそれぞれ銃ごとに、火バサミと火皿の位置関係がちがうので、火縄のつけ方を工夫しないと不発の原因になります。

なんだかんだとやっているうちに、復習と火縄のつけ方のみで終了しました。次回は、火縄に火をつけて「火縄つけ」をやると思います。火をつけるとまた違う部分にも注意しないといけないので難しくなります。

同心の皆さん!先は長いですが、はりきっていきましょう

江戸幕府 鉄砲組百人たぁ〜い エイエイオーー

先日、備品整備中にテレビ朝日の番組で「ちい散歩」という番組があるのですが、地井武男さんが来たそうです。

そして、取材をうけました。その様子は、9月11日(火)の9:55〜10:30(テレビ朝日)に放映されます。

よかったら、見てください。

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

テレビ朝日「ちい散歩」ホームページはこちらへ

地井武男さん公式サイト  ⇒ ちい・チイくらぶ

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

 追記:放映は終了しました。

     組頭のYさん・同心のKさんは目立っていてよかったです

9月6日にNHKの番組「いっと6けん」に出演する予定でしたが、やはり台風の影響により延期になりました。

たぶん、9月の19日か20日頃になると思います。

また、はっきりしましたらお知らせいたします。

タマゴメ昨日に続き、鉄砲隊の練習が行なわれました。

夕方近くに雨が降り、練習ができるか心配でしたが、一時的な雨でしたのでよかったです。

 

今日の練習メニューは、前日の復習の他、火縄銃を撃つための火縄銃試射動作手順の2〜7の「タマゴメ」の練習にはいりました。この部分は、かなり重要でこれをしっかりとマスターしないと不発やアクシデントの原因になります。

「タマゴメ」の部分もそうですが、同じ動作の反復練習をし、頭で考える前に、からだが反応し自然に動くまで行なわれます。そして、自然に動作ができるようになったら、今度は頭で考え自分の動作の細かい修正をしていきます。

このように、毎日が同じことの繰り返しになります。この単純練習を経て、初めて同心たちが本番で火縄銃を撃つことができます。

これは、前回も言いましたが、危険なものを扱うからです。そして、練習をつむことのよりリスクを減らし、同心たちの安全もはかるということもあります。

もちろん、新宿区無形民俗文化財としてのプライドもありますね

これから、先は長いですが同心の皆さんがんばりましょう

あっ!そうそうそう・・・

急なお知らせがあります。明日のNHK総合「いっと6けん」に鉄砲隊が出演します。だだ、今台風が接近中なのですが大丈夫なのでしょうか?

 

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

NHK総合 いっと6けん 

9月6日(木) AM11:05〜11:54の間のいつか・・・

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

 

鉄砲いよいよ9月23日の出陣に向け、「江戸幕府 鉄砲組百人隊」の練習が本日より本格的に始まりました。

これから、毎日本番に向け行なわれます。

 

 

 

火縄

火縄です。

 

 

 

 

同心全体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初日ですが、忙しい中たくさんの同心の参加者が練習に集まりました。

 

練習風景

本日は、立ち方や銃の担ぎ方、手の位置などの練習から始まりました。

細かいところの繰り返しですが、それを頭で考えず体が自然に覚えるまで繰り返されます。

 

 

練習風景2

鉄砲を持ってから撃つまで、段階的に行なわれます。

何故そこまでやるかと言うと、危険な火薬を使用することだからです。

 

 

鉄砲組百人隊に参加が決まったからといって、当日出陣できるとは限りません。練習に参加しないなど、危険を及ぼす可能性のあるかたは退場となります。それは、先ほど言いましたが、危険なものを扱っているからです。

これから、本番まで大変だとは思いますが、皆さんがんばりましょう

 

 

このページのトップヘ